新型出生前診断と他の手法

新型出生前診断について詳しく解説します!



このサイトでは、新型出生前診断と他の手法の検査を比較する際のポイントについてご紹介しています。
それぞれの検査を受けることによる母体への影響や検査の感度にも触れています。
また確定検査と比べた場合にはどちらのほうがリスクがあるのか、羊水検査と比べるとどちらが信ぴょう性があるのかなども詳しく説明しているサイトです。
これから検査を受けることを考えているのなら、知っておきたい胎児の検査についての情報をお届けしています。

新型出生前診断と他の手法を比較する際のポイント

新型出生前診断と他の手法を比較する際のポイント 母体の血液を用いて胎児の染色体の異常を調べる新型出生前診断は、最新の医療技術を用いた検査手法です。
2013年から日本では臨床研究がおこなわれていますが、まだ研究段階です。
胎児の出生前診断にはこれ以外にもいくつかの方法があります。
たとえばX線や超音波、それにMRIなどの画像診断や羊水・絨毛・臍帯血などから胎児の細胞を採取して検査する方法、それに胎児鏡や着床前診断も出生前診断に挙げられます。
他の診断方法と新型出生前診断を比べる際のポイントには時期や精度、それに母体へのリスクもポイントが挙げられるでしょう。
また何を調べることができるのか、診断できる内容もそれぞれの検査によって違うため比較のポイントになります。

比較的手軽に受けることができる新型出生前診断の特徴とは

比較的手軽に受けることができる新型出生前診断の特徴とは 赤ちゃんが先天性の異常や病気をもっていないかを調べる出生前診断の方法にはいくつかありますが、その1つが新型出生前診断です。
2013年に日本での臨床研究を実施されている比較的新しい診断方法であるため、どのような特徴があるのか良く知らないという人もいるのではないでしょうか。
対象の妊婦さんは限られていますが、比較的高い年齢の人で気になる染色体異常の確認をしたいというときには役立つ可能性がある検査です。
新型出生前診断を受けると胎児が21トリソミーや18トリソミー、そして13トリソミーの染色体異常を持っている可能性があるかどうかがわかります。
しかしそのほかの染色体異常や先天異常などは調べられないほか、確実に診断が可能であるというわけでもありません。
もしこの診断で陽性になった場合には、羊水検査や絨毛検査を受ける必要があります。
しかし13トリソミーや18トリソミー、21トリソミーの罹患率が高くなる35歳以上の方でにとっては、血液を採取して調べることができるため、比較的手軽に受けられるというメリットがあります。
羊水検査や絨毛検査はより確実な診断が可能ですが流産の危険性もあるのが特徴です。
そういったリスクも低い点も優れているポイントです。

NIPTの参考サイト

新型出生前診断 名古屋

新着情報

◎2020/9/28

確定検査とどちらがリスクがある?
の情報を更新しました。

◎2020/06/15

サイト公開しました

「診断 異常」
に関連するツイート
Twitter